So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

フロアポンプとU字ロックと携帯ポンプの紹介 [自転車]

フロアポンプってのは簡単に言えば床(フロア)に置いて使う空気入れ(ポンプ)ってことです。
普通、「空気入れ」と言えばこれのこと。
では自分の使っているフロアポンプを紹介します。
X92IB.jpg

一番左のやつ。
TOPEAKのジョーブロースポーツ2です。超ベストセラー。
2010年購入なのでちょっと年季が入っています...
TOPEAK(トピーク)は世界的に有名な台湾の自転車アクセサリーメーカーです。
自転車に興味がない人は聞き慣れないかも知れませんが^^;
このジョーブロースポーツ2はこの価格帯(3,000~4,000円)では一番売れていたので持っている人も多いんじゃないでしょうか?
(現行品はジョーブロースポーツ3です。)
個人的には一番のおすすめです。
アダプターなしで仏・米式バルブに対応しています。英式バルブは付属の口金を嵌めればOK。
ぐっと奥まで押し込むと仏式バルブにも空気を入れられます。
手前までなら米式バルブです。自動車のタイヤにも空気を入れられます。
クロスバイクならめちゃめちゃ楽に規定値まで入ります。
高い空気圧まで入れるならパナレーサーの楽々ポンプより楽です。
11bar対応なのでロードバイクでも余裕です。
エアゲージが下に付いていて見づらそうですが、そうでもないです。
目標値をダイヤルで設定できるのでそこに達するまで入れるだけ。
パナレーサーのエアゲージより精度は高いです。
フロアポンプなら迷わずTOPEAK。
ちなみにエアゲージは仏・米式バルブのみ対応。英式バルブは構造上正確に測定出来ません。
ま、英式バルブごときにこの価格帯のフロアポンプ使う奴はいないと思うけども。
2は廃盤になっているので買える品は軒並み1万円超え!!ぼったくり!!!!
買うなら現行品の3。


画像真ん中はパナソニックのU型ロック SAJ080。

Amazonで2,000円前後で買えます。
U字ロックは実は短い方が切断されにくいので盗難対策の観点では短い方が良いです。
設置位置は高い所にしましょう。
地面に置くような設置はNGです。切断されやすくなるので。
ちなみにこのサイズだと、後輪とシートチューブをロックするのに丁度良いサイズです。
前輪とダウンチューブだと届きませんでした...
カギが3個付いてくるので◎
コレでロックしてあれば、大抵の自転車泥棒はすぐ諦めるレベル。
短くて地球ロックは出来ないのでそっちは別の手段が必要。

最後に画像右側はTOPEAKの携帯ポンプです。TOPEAK ミニ デュアル DXG。

少し値段は高めです。
フロアポンプと同等のスマートヘッド採用で仏・米式バルブ対応。
手前で米式、奥までで仏式。
さらにインラインゲージ採用で空気圧までわかる優れもの!!
こんな小さいサイズで8barまで空気を入れられます。少し疲れますけども。
なので大抵のロードバイクまでOK。クロスバイクなら余裕でOK。
このポンプはダウンチューブに固定可能。
ただし盗まれそうなので固定はしていないです。
遠出する際にリュックに入れておくだけ。

残念なのはTOPEAKの製品はAmazon販売の物が存在しないところ。
Amazonマーケットプレイスでなら販売されてたりします。
楽天市場だと送料かかるし...
大きな自転車屋行けば大抵置いてあります。
TOPEAKなんて知らん!!聞いたことない!!それならPanaracerの方がいい。パナソニックぽいし!!
って人。もしもそんな理由でTOPEAKを選択肢から外すのなら、それだけは止めた方が良いです。
人気・性能ともにTOPEAKの方がダントツで上です。少なくともこれだけは知っておいた方が良いです。
この機会にTOPEAKの名前だけは覚えておきましょう。
(※別にパナレーサーがダメとは言っていない)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自転車は原則車道 [自転車]

『自転車は原則車道』
そう言われて久しいですが、街で見かけるママチャリはほぼ100%守ってませんね。
2mもないような狭い歩道を疾走してくるルック車な奴もいます。
まぁみなさんご存知だと思いますが、自転車は軽車両です。
軽車両は原則車道です。原則ってのは一部例外もあるってことです。
ところがその例外に含まれない条件下であっても平気で歩道を疾走するのはいかがなもんかと。
まぁ気持ちはわからなくもないです。日本は自転車用の道路が十分に整備されているとは言い難いですからね。
でもね、歩道を疾走しちゃいかんよ。
押して歩きなさい。
歩道は読んで字のごとく歩くための道です。
自転車で走るための道ではありません。
それと車道を走るときは左側です。センターラインより右側は逆走になります。
高速道路を逆走する高齢者と大差ないです。
「並進可」の道路標識がない限り、並んで走ってもいけません(学生に多い)。
そして進行方向しか見ず交差点に飛び込んでくるのも止めましょう(女性ドライバーにも多い)。
一時停止では足をついて止まらないといけません。
交通ルールを守りましょう。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GIANT ESCAPE R3レビュー➂ [自転車]

天気悪いですね。
雨あがりに撮影。
C80pX92IB.jpg

GIANT ESCAPE R3(2018)Redです。
サドルは黒に交換済み。
ペットボトル専用ボトルケージ装着済み。
走りながら飲むことはしないので、使い捨てれるペットボトル専用が手軽で良いです。
信号で停まったタイミングで飲めれば十分。
本気で漕ぐとすぐ喉が乾きますね。ボトルケージは必需品です。

サドルはRedだと白なので汚れが目立ちそうなため黒に交換済み。
サドルはもう少し上げられそうです。微調整中。
やっぱこうして見ると標準のハンドル位置が高いですね。
スピードタイプのクロスバイクじゃないので仕方ないですが...
ちょっと下げるか...?

今日は3.6km走行。
太ももの疲れが取れてなくてヘロヘロでした...
運動不足です^^;
1.8kmの坂道を登ってくるのは疲れます。
(脚質はスプリンターです。)
いつ雨が降るかわからない天気なんで今週は遠出せず。
次の3連休が良い天気ならもう少し距離を伸ばしてみようと思います。
一度会社までの片道11.1kmのタイムを測定しておこうかな。
万一電車が運休になった時のために。

ちなみに写真には写ってませんが、空気入れは8年前に買ったTOPEAK(トピーク)のフロアポンプ ジョーブロースポーツ2というのを使っています。
クロスバイク・ロードバイクに採用されているのは主に仏式バルブですが、このポンプは仏式にも対応しています。
まぁ元々は自動車の空気圧調整用に買ったやつですが。
61VxRA+3EXL._SL1500_.jpg

これです。
実売価格帯は3,000から4,000円くらいだと思います。
(後継機のジョーブロースポーツ3が定価4,800円+税だったはず。)
スポーツ自転車の場合エアゲージは必須なので、最低でもこのクラスの物は欲しいところです。
これは最大11bar(≒11気圧)対応です。
街乗りメインのクロスバイクなら2週間に1回くらい空気圧調整すれば平気でしょう。
ESCAPE R3(の標準タイヤ)は3.5〜6.5barです。
私はこれを使って6.0barに調整しています。リム打ちパンク防止のため空気圧を高めに設定。
普通の安い空気入れじゃそこまでの高い気圧の空気を入れることは出来ません。
残念ながらこの製品はもう買えませんが..,
今ならパナレーサーの同価格帯の物が買いやすいと思います。
(ただしオススメはTOPEAK製ですが)

安いのはもっとありますが、エアゲージの性能が微妙なのでオススメしません。
ちなみにロードバイクだと空気圧が7~11barにも達するので安いポンプは避けましょう。
前述のとおり安い物だと高い気圧の空気を入れられません。
クロスバイクなら7bar対応品でも可能ですが、もしロードバイクも視野に入れているなら最初から11bar対応品を買いましょう。
上記のパナレーサーのやつは11bar対応ですが、これより安いと7bar対応の可能性が高いです。
簡単に書くと
7bar対応..........クロスバイクまでOK
11bar対応........ロードバイクまでOK
です。
クロスバイクでも標準(28mm)よりタイヤの細いものは7barじゃ無理です。
自動車(乗用車)の空気圧はもっと低いので7barでも大丈夫です。
ケチって7bar対応品買うくらいなら最初から11bar対応品買っておきましょうって話。
空気入れなんてなんでも良いんでしょ?って思ってると大失敗しますよw

ちなみに自動車用タイヤに入れる空気の量は自転車と比較にならないくらい多いのでかなり疲れますw
TOPEAKIのやつだと自転車なら簡単にあっという間に規定量まで空気が入ります。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -