So-net無料ブログ作成

内蔵カードリーダーを取り付けてみた [自作PC]

先日PCケースを交換したんですが、3.5インチベイが遊んでいたのでそこに内蔵カードリーダーを取り付けてみた。
(5インチベイにはBDドライブ設置済)
IMG_0407.JPG
このケース、青いLEDがちょっとまぶしいですが...
写真でも結構まぶしいですねw
フロントパネルにUSB3.0のコネクタが2つ出ているので、内蔵カードリーダーはUSB2.0のタイプにしました。
オウルテックから出ている製品で型番はOWL-CR6U2B/BOXです。
1,700円でした。



USB3.0のタイプも売ってますが、フロントパネルのUSB3.0が遊んでしまうので止めました。
ただしカードリーダーもUSB2.0接続となってしまうので、USB3.0の物と比べると転送速度に差があるんじゃないかと思います。
まぁそんなに頻繁に使うわけでもないし、デジカメの画像を転送する程度なので、USB2.0で十分でしょう。
マザーボード上のUSB2.0のコネクタが3つも遊んでいたのでこっちが正解。
せっかく付いているんだからどうせなら仕事させてあげようじゃないか。
で、早速デジカメの画像を転送してみましたが良好です。
SDカード(16GB)を一発で認識しましたね。
まぁ最初なんで当たり前ですけど、だんだん認識が甘くなっていくと思います。
サブPCに付けてる内蔵カードリーダーはほとんどのカードを認識しなくなってるしw
これもどれだけもつかは謎ですがしばらく見守っていこう。
イチイチ外付けのカードリーダーを接続する手間が省けていい感じです。
PCケースのフロントパネルにUSB3.0が付いていない人はUSB3.0のモデル。付いている人はUSB2.0のモデルがオススメです。
ベゼルも2色あり交換可能な物が付いてきます。
他社製には3色のモデルもあるようですが、黒だけで十分ですね。
ちなみにUSB2.0のモデルでOWL-CR7U2B/BOXの型番は評判が悪いです。
ほとんどOWL-CR6U2B/BOXと同じなんですが、赤い電源LED付きでPCの電源落としても消えないとかw
実売1,000円程度で安いんですけどね。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感