So-net無料ブログ作成
検索選択

DDR3-1866 メインメモリ交換(4GB→8GB) [自作PC]

メインPCのメインメモリを交換しました。
DDR3-1600 CL9 4GB(2GB*2)をDDR3-1866 CL13 8GB(4GB*2)に交換です。
規格がちょいと違うので増設ではなく交換です。
それにメモリ4枚差しするとちょっと不安定になっちゃうもので・・・
元がCL9だったので今回のCL13だと、クロックは上でも速度的にどうなのかなと思ったら、やっぱり若干劣るようですね。
まぁあくまでもWindows7 のWindows エクスペリエンス インデックスのスコアの話ですが。
メモリのスコアは7.9から7.8に下がりました。
まぁ大差ないんですがね。
ゲームのベンチマークなんかだと当然この結果は変わってきます。
基本的にはクロックが高い方が高性能です。

さて、なぜメモリを増やそうと思ったかですけど、やっぱりFPSやってると4GBじゃ厳しいかなと。
BF3プレイしていると結構カツカツです。
プレイ中に一瞬カクつきが出る&プレイ後デスクトップに戻った際にパフォーマンス不足の警告が出てなかなかAeroオンに戻らないetc。
スワップしてそうな状況が度々発生していたのでBFハードラインも今のままじゃ厳しいだろうと思い、早めに8GBにすることにしました。
交換後に実際にプレイしてみましたがウソのようにド安定。これは間違いなく効果アリ。
本当は16GBにしたいところですが、今メモリがものすごく高い!!
それとこのPCは録画用PCでもあってシャットダウンではなく休止状態で運用しているため、メモリ多すぎると休止からの復帰に時間がかかるため。
休止はメモリの内容をHDDに書き出すためメモリ搭載量に比例してその容量が増えるため時間がかかります。

まぁ8GBあればそうそう足りなくなることはないでしょう。
というわけで8GBにメモリ交換しました。
買ったのはソフマップ.com。
TEAM製TED38G1866C13DC (DDR3-1866/4GBx2 CL13)です。
詳しい仕様はこちら。
http://www.teamgroup.com.tw/filterable_product/tabs_detail/data/jp/9/661/zfKsFi.html
約8,000円でした。
マザーボードはASUS Z87-PLUS。
特にBIOSで設定する必要もなく自動で1866MHz認識・動作しています。
電圧は1.5Vです。
メモリチップは片面のみ貼られていました。古いマザーボードでは認識しない場合もあるので注意です。
ちなみに今時珍しくヒートスプレッダは付いていません。
もっとも昨今のヒートスプレッダは「冷却のため」に付いているというわけではなく「チップメーカーを隠すため」という専らの噂なので、別になくてもなんら問題ないです。
実際冷却に役立っているのか疑問ですし。

TEAMのこのメモリはこの規格では割と格安な価格設定ですね。
特に今ソフマップ.comでは8GB*2の16GB版が安くなっているようです(14000円台)。


Teamメモリー Lo-DIMM 240pin DDR3 1866MHz 4GBx2枚組メモリー TED38G1866C13DC

Teamメモリー Lo-DIMM 240pin DDR3 1866MHz 4GBx2枚組メモリー TED38G1866C13DC

  • 出版社/メーカー: Team
  • メディア: Personal Computers



Teamメモリー Long-DIMM 240pin DDR3 1866MHz 8GBx2枚組メモリー TED316G1866C13DC

Teamメモリー Long-DIMM 240pin DDR3 1866MHz 8GBx2枚組メモリー TED316G1866C13DC

  • 出版社/メーカー: Team
  • メディア: Personal Computers



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0