So-net無料ブログ作成
検索選択

ASUS Z87-PLUS BIOS更新(4790Kサポート) [自作PC]

先日発売されたi7 4790Kに対応したASUS Z87-PLUSの新BIOS(2004)が出ていたので更新してみました。
biosupdate1.jpg

Z87-PLUS BIOS 2004 and BIOS updater
Improve System performance

*Note: Must apply the attached BIOS updater tool first before using the new Intel 4th Gen Core processors.

と書かれているように、今回のBIOS更新には同梱されているBIOS_updater_for_New_4th_Gen_Intel_Core_Processors V2.00.02を使います。
いつもならASUS EZ Flash 2 Utilityを使うところなんですが・・・

さて、ダウンロードしたファイルを全部解凍してC:\tempフォルダに置きました。
以下はC:\tempフォルダにあることを前提で話を進めます。

BIOS updaterはさらに圧縮されている状態なのでこちらだけ再度解凍します。
全部解凍してからでなければアップデートできません。ご注意。
たまにzipファイルのまま中を覗いてexeファイルを実行する人がいますが、それじゃダメですよ~。
エクスプローラからは圧縮されたファイルは読めますが、肝心のexeからは圧縮されたままのファイルは読めませんので。
解凍したら次にC:\temp\BIOS_updater_for_New_4th_Gen_Intel_Core_Processors\V2.00.02の中のUpdate.exeをダブルクリックします。
あ、そうそう。
「インテル マネジメント・エンジン・コンポーネント」がインストールされていないとエラーが出るそうなので事前に入れておく必要があります。
当方とっくに入れてあるのでエラーは出ませんでした。
biosupdate2.jpg
Browseボタンを押してBIOSファイルを指定します。日本語で言うと参照ボタンです。
今回はC:\temp\Z87-PLUS-ASUS-2004.CAPです。
選択後「Yes」を押すとアップデートが始まります。
やけに時間がかかりますので何も触らずにじっと待ちましょう・・・
この時間が一番ハラハラします(笑)
ゲージの進みが遅いですが、それは途中までで、終盤はあっという間に終わります。
無事更新が終わるとRestartと言われるので再起動します。

BIOS設定が初期化されていたのでF1キーで設定画面に入りました。
適当に設定変更し、「保存してリセット」を選択。
無事OS起動しました。
biosupdate3.jpg
CPU-Zの画面です。
ちゃんとBIOS Version 2004になっていますね。
ちなみに更新前は1802でした。
これでいつでもi7 4790Kを載せられますね!!
今のところ予定ないけれども(笑)

ではでは。お疲れ様でした。

あ、くれぐれもBIOS更新は自己責任で。
当方は一切責任持ちません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。